atelier A202

perlesh.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 09日

よもやま話最終編

「住み開き」のイベントをしようと企画をしたのが今年の1月。
出展者さんの交渉やその他いろんな事を独りで決めましたが、
周りに助けられた事も多くようやく開催にこぎつけられました。
今回は妹kajyaがいてくれたのでソフト面もかなり助けられました。
悪天候にもかかわらずたくさんのお客様が来てくれたこと、そして楽しんで頂けたこと、
出展者さんからは「ぜひ、また!」と暖かいお言葉が頂けたこと。
今、しみじみと感謝の気持ちに浸っています。

「住み開き~」は年に1度くらいでまた開催の予定です。
次はどんな展示にしようか、これからどんな作家さんと出会えるのか、色々考えると楽しくなります。
perlesのアクセもステンドグラスもこのイベントでたくさん旅立っていきました。
これからは制作の日々にまた戻りますがいろんなトコロに行ってステキな作品を
いっぱい見て心の栄養を蓄えていきたいと思います!

みなさん、ありがとうございました。



d0100660_18395633.jpgチコちゃん家のタマ。
チコちゃんは子供が幼稚園からのママ友です。今日はもう一人Tちゃんも。
もう10年以上たつのにおしゃべりの内容は昔のまま。
チコちゃんはとぼけて、Tちゃんは知的に、私は聞き役?
時々チコちゃんのママもおしゃべりに参加。
このママ、知る人ぞ知るすごい人なのだ。戦前の舞台女優。
だから話はすごい世界になっちゃう!

富雄にはいわゆる芸能の世界に生きてきた(今も現役の人も)人がたくさん住んでいる、
不思議な町なのです。
[PR]

by hperles | 2011-06-09 12:52 | イベント


<< ご紹介頂きました。      あじさい >>