atelier A202

perlesh.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 05日

真鍮

d0100660_15214692.jpg

八尾もの市でmeraさんのお友達でシルバーアクセサリー作家の「sio」さんから
「真鍮のロウ付けってどうやってるんですか?」と聞かれました。
真鍮、とても扱いにくい金属なんです。融点が高いのでなかなかロウが流れず
複雑なロウ付けだと最後の最後にバラバラ~~ととれちゃうことも。
金属同士のすり合わせをキチンとやって全体の温度を上げてから一気に細い火で仕上げる・・
ブローパイプだとそれも簡単に出来るのだけど、ハンドバーナーだと確かにしんどい気が・・
でもK3さんの工房を以前伺ったとき、いくつかのハンドバーナーを見た気がするんです。
あんな細かいモノを作られてるのにすごいなぁ・・と思いました。

今回ひさしぶりに真鍮を触ってますが、あのネチャっとした独特の感じ、糸ノコの入りも悪い金属。
でも、あの何ともいえない真鍮独特の温かみのある色や質感。大好きなんですよね。
[PR]

by hperles | 2011-11-05 15:41 | 彫金・アクセサリー


<< ジジ      クリスマスモードで >>