atelier A202

perlesh.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 12日

キュービック

d0100660_15283216.jpgキュービックのシルバーリングとキュービックを半分にしたスクエアのシルバーピアス。
ファンチャーナさんのリクで「大人クールでシンプル、ハード系を!」と訊いてましたわん。
ちょっと変形デザインにしたので面白いニュアンスもプラス。
携帯なので、ボケボケです、スイマセン。

そして・・・

別のトコから「制作風景と、制作過程も」と言われておりましたので、
このリングの制作現場を撮ってみました。
制作現場はあまりキレイなものではありませんのでご了解のほど。

d0100660_15345373.jpg左上から時計まわりに・・

1. 地金から作っています!・・・とよく書いてますが、これがそう。銀の板やいろんなサイズの線。すべて純度は純銀か950を使用しています。
2.今回のキュービックは5mmの純銀角材。 ここまでごついと純銀でないと加工しにくいんです。糸ノコでサイズにあわせて切り出します。
3.切り口をヤスリや耐水ペーパーでキレイにします。小さいモノは万力で固定して作業します。
4.リング部分になる2mmの銀線をバーナーでなましています。
5.リングの切り口をキレイに合わせてロウ付け。ここでは真円にならなくても可。それよりもぴったりあっていないとキレイにロウは流れません。

d0100660_15451238.jpg同じく左上から時計まわりに・・
6.リングを木槌と芯金で真円に整えます。この時点でサイズを決めています。
7.リング部分にキュービックをロウ付けする位置を決めて角のヤスリで溝を彫ります。
8.いよいよロウ付けです。第三の手や耐火ブロックで動かないように固定しています。 
 ここでもリングとキュービックが隙間なく合っていないとロウは流れません。一番緊張する作業です。
9.キレイにロウが流れて溶接が終了です。耐水ペーパーで余分なロウを取り磨いていきます。
10.ここまでで作業時間の半分が終わった感じです。後はひたすら磨いて磨いて磨いて・・・・
  ありとあらゆるポイントやペーパーを使ってひたすら磨いていく作業が続くのでした。

ものすごく簡単に説明しましたがなんとなく彫金がどんなモノなのかわかって頂けましたでしょうか。
写真写りがイマイチなのでわかりにくいですが雰囲気だけでもつかんで頂けたらと思います^^
[PR]

by hperles | 2012-08-12 16:06 | 彫金・アクセサリー


<< いよいよ、明日から始まります!      弥山 >>