atelier A202

perlesh.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 30日

Bijouterie botanique 後記

思い入れが強かった企画だけになかなかまとめることができず・・
もうひと月近く経ってしまいました。

何から書けばよいのかどのように伝えればよいのか、独りよがりになってないかetc。。

そんなこんなで延し延しになってましたが次に繋げなければならないし
きちんと記しておこうと思いました。

まず、BeFiveTen RoseHaruのHARUさんと一緒にやりたかった理由。
去年の夏くらいに彼女のFBで見た写真にすごく感動し(クリエーターズマーケット&花奉納)、
こんなパフォーマーが出来る人と一緒に何か作ってみたい!
と、すぐオファーしました。8月末の頃です。

それから何度も打ち合わせをやり、私が「あんなふうに、こんな感じで」という無理難題をテキパキとこなし
3人でドキドキしながら一つずつクリアしていきました。

お花の選定から始まりあのギャラリーの空間をどのように見せるか。
本や資料やネットやらを参考にコレコレ!アーデモナイ、コーデモナイと・・
でもあの時間は楽しかったなー
そしていっぱいお花の名前を知ることが出来たのもこのイベントのおかげです^^

クレマチスやスカビオサ、ラナンキュラス、ロココシルキーなどなるべく現物に近づけるべく
原型作りに苦労しました(おもにKajyaが)
私は地金からの鋳造原型作りは初めてだったので試作しては何度も却下されました・・
最終的には却下がほとんど、kajyaの手加えがなければできなかったです。

d0100660_18502554.jpgこれはロストワックス鋳造。ロウで原型を作り鋳造する方法。
制作:kajya

ハチがいてたの知ってました?
小さかったのでわからなかったかもですね。

d0100660_18533343.jpgロウを溶かして除去することによってできた空洞に
金属を流し込むと鋳物ができます。
制作:Kajya


d0100660_18583936.jpg私が作った地金の原型の一部。
あれダメ、これダメでほとんど没。


d0100660_18595280.jpg地金で作った原型を元に
ゴム型を作って金属を流しこみ鋳造します。
このパーツを使って一つずつアクセサリーを作り上げていきます。
真鍮で作ったのでロウ付けなどの加工もOKです。



植物のアクセサリーはこのようにして1点ずつ作りあげていきました。




d0100660_1954254.jpgもう落書きのようなものしか残ってないのですが
ギャラリーのイメージです。


d0100660_199328.jpgWall Boxはほぼ完璧でした。
HARUさんのパートナー、まぁこさんが
冬から少しずつ制作してくれました。


d0100660_1910767.jpg桜の枝を使って中央の空間を作り上げました。
制作:HARUさん
あまり数が作れなかったのですがステンドのオーナメントが飾られました。


イベント期間中は私事などで不在がありご迷惑おかけしました。
HARUさん一人でとっても不安だったと思います。
(天然石の名前の本などで勉強してくれてました。スラスラと説明してる彼女にびっくりいたしました!)
ほんと、いいパートナーと組めてよかったです。エヘヘ

なんだかとりとめのない文章で申し訳ありません。
伝えたいことの十分の一も伝えられず・・・

Bijouterie botaniqueは、この秋、第二段として開催が予定されております(大阪で)
また詳しいことが決まり次第お知らせいたします。

長くなりましたが本当にたくさんのお客様に来て頂き感謝しております。
そしてたくさんの方に助けて頂きました。
みなさんのおかげでステキな企画展になりました。

Merci Beaucuop !
[PR]

by hperles | 2014-05-30 19:33 | イベント


<< ワークショップのお知らせ      チャイムの鳴る森 >>