atelier A202

perlesh.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:彫金・アクセサリー( 169 )


2012年 09月 22日

レインボーガーネット リング

d0100660_1312861.jpg
奈良県天川村行者還岳産という、なんとも身近なお山から産出されたガーネットです。
ガーネット独特の赤い発色以外にレインボーガーネットと呼ばれる游色を発する非常に珍しいタイプの柘榴石です。
このリングもハード系のゴツイ感じで制作しました。ずっしり銀の重みが感じられます。
なんで、最近ゴツメのものを・・・。ハイ、自分が好きだからです^^

素材 : シルバー950、レインボーガーネット(0.8ct)、
      燻加工のあと、鏡面磨き。
      サイズ:11号
[PR]

by hperles | 2012-09-22 13:13 | 彫金・アクセサリー
2012年 09月 22日

オレゴン産サンストーンシリーズ

d0100660_12493564.jpg
リングは以前紹介しましたが、シリーズとしてレクタさんのアクセソワールに出展します。
シラーが良く透明度の高いモノを使用しました。
リング以外は華奢な雰囲気がありますのでセットとしてお使い頂いても違和感は感じないと思います。
27日からのアクセソワールでぜひ実物をご覧ください。
[PR]

by hperles | 2012-09-22 12:55 | 彫金・アクセサリー
2012年 09月 22日

Tiny pearl ネックレス

d0100660_12382230.jpg
とってもちっちゃな淡水パールのネックレスです。
ホワイト、グレー、ナチュラルの3色ですがそれぞれ粒の大きさは違います。
留め具のポイントにグリーンアメジスト。こちらをトップに持ってきてペンダントとしてもOK。
カットソーやシャツに合わせて秋のおしゃれを楽しんでみては?
こちらの3点はファンチャーナさんに25日納品予定の新作です。

長さ : ホワイトとナチュラルは42cm、グレーは40cm
[PR]

by hperles | 2012-09-22 12:48 | 彫金・アクセサリー
2012年 09月 10日

オレゴン産サンストーンリング

d0100660_18493865.jpg
これほど透明度の高く結晶の輝きもとてもキレイなサンストーンはめずらしいです。
不規則なファセットのようなカットのタンブルは覆輪留めで仕上げました。
裏はかわいくハートのくり抜き^^
このリングも華奢な感じではなく、しっかり2mmの角線でリング部分を作っています。
石つきリングは一つ着けでもシンプルでカッコイイ!感がありますが、
プレーンな華奢リングやニュアンスのあるリングと重ね着けするとまた違った雰囲気な感じになります。
ぜひ、お試しあれ。

素材 : シルバー950、オレゴン産サンストーン
      燻加工のあと、鏡面磨き。
      サイズ:11号
[PR]

by hperles | 2012-09-10 19:06 | 彫金・アクセサリー
2012年 09月 07日

サンドライトリング

d0100660_17141310.jpg
最近、華奢なリングばっかり作ってたのでちょっとハード系のごついリングを作りました。
トップにはサンドライトという光の種類によってカラーチェンジする合成ガラスを使用しています。
ココ参照!
とってもキレイなカットが施されており揺れるとさらにその輝きが増します。
なので、ユラユラ揺れるようなデザインにしました。
2mm厚のリングとキレイガラスはミスマッチ?かと思いましたがなかなか良い雰囲気。

素材 : シルバー950、サンドライトガラス、
      燻加工のあと、鏡面磨き。
      サイズ:10~11号
[PR]

by hperles | 2012-09-07 17:26 | 彫金・アクセサリー
2012年 09月 05日

ブルーサファイアリング

d0100660_9101126.jpg
cafe funchanaさんでのイベントで出展していました、サファイアシリーズの一つです。
「ずっと悩んでましたが、やっぱり気になってメールしました」とご連絡を頂きました。

斑鳩町のUさま、本日発送致しますので今しばらくお待ちください。
また、オーダーリングも出来次第ご連絡させて頂きますね^^
ありがとうございました。

イベント期間中に出展してましたアクセサリーでお気に召したものがあればお気軽にご連絡ください。
手元にありましたら直接発送させて頂きます。
また、WEBカタログもございますのでこちらからお選び頂くことも出来ます(Sold Outもあり)

お問い合わせ: perles@kcn.jp
[PR]

by hperles | 2012-09-05 09:21 | 彫金・アクセサリー
2012年 09月 05日

秋色、キレイ石

d0100660_1093399.jpg
カフェ レクタさんでの個展もひと月を切りてんやわんやのペルルでございます。
相方kajyaは私以上の制作を抱えており連絡もままなりません。
そんなこんなですが、新作でキレイな秋色の石を使ったアクセサリーの出展を予定しています。
(上から時計まわりに、オレゴン産サンストーンタンブル、オレゴン産サンストーンスクエアカット2.33ct、
サンドライト(合成カラーチェンジガラス)アメリカ製3.39ct、トルコ産ダイアスポア0.59ct)
[PR]

by hperles | 2012-09-05 08:15 | 彫金・アクセサリー
2012年 08月 23日

ペルルのアクセの石

d0100660_15471380.jpg
d0100660_15475648.jpg私たちが使用している天然石ですが、展示会で直接業者から買い付けています。
10年来の付き合いのある業者なのでその年の新作カットだったり
質の良い石や珍しい石を手に入れることが出来ます^^

「コレ、ホンモノ??」と思われるかもしれませんが、間違いなくホンモノです。
安心してお買い求めください。
年々価格も上がってきていますがその年にしかお目にかかれない貴重な石もありますので
「これ、何の石だろ?」と思われたらお店か私たちにまでお問い合わせくださいね☆

写真の石は、
サファイア、ロンドンブルートパーズ、グリーンアメジスト、オレゴン産サンストーン、
レインボーガーネット(奈良行者還岳産)、サンドライトガラス(アメリカ製)、ダイアスポア他

どれがどれかわかりますか??
[PR]

by hperles | 2012-08-23 16:10 | 彫金・アクセサリー
2012年 08月 21日

ペルルのアクセの裏側

d0100660_18494133.jpg
これは数年前自分用に作ったペンダントです。サンゴの化石、よく見るとお花の模様に見えます。
それはさておき、アクセを作る時ちょっとしたひと手間を昔からよくしています。
これは「perles」のロゴをくり抜いています。これだけでなんか特別なアクセになったような気がしてました。
今も時々気に入ったデザインだったり、大好きな石やアンティークのガラスを使ったアクセには
人知れず遊んでいます^^

ペルルのロゴのタグをロウ付けしたりガラスにキレイな光が入るように穴をあけてみたり。。
ペルルのアクセを見かけたときはちょこっと裏ものぞいてみてくださいね^^
d0100660_18581390.jpgd0100660_18583818.jpgd0100660_18591430.jpgd0100660_18593253.jpg
上記のアクセサリーは「京阪神Zakkaマルシェ」に出品予定です。
[PR]

by hperles | 2012-08-21 19:02 | 彫金・アクセサリー
2012年 08月 12日

キュービック

d0100660_15283216.jpgキュービックのシルバーリングとキュービックを半分にしたスクエアのシルバーピアス。
ファンチャーナさんのリクで「大人クールでシンプル、ハード系を!」と訊いてましたわん。
ちょっと変形デザインにしたので面白いニュアンスもプラス。
携帯なので、ボケボケです、スイマセン。

そして・・・

別のトコから「制作風景と、制作過程も」と言われておりましたので、
このリングの制作現場を撮ってみました。
制作現場はあまりキレイなものではありませんのでご了解のほど。

d0100660_15345373.jpg左上から時計まわりに・・

1. 地金から作っています!・・・とよく書いてますが、これがそう。銀の板やいろんなサイズの線。すべて純度は純銀か950を使用しています。
2.今回のキュービックは5mmの純銀角材。 ここまでごついと純銀でないと加工しにくいんです。糸ノコでサイズにあわせて切り出します。
3.切り口をヤスリや耐水ペーパーでキレイにします。小さいモノは万力で固定して作業します。
4.リング部分になる2mmの銀線をバーナーでなましています。
5.リングの切り口をキレイに合わせてロウ付け。ここでは真円にならなくても可。それよりもぴったりあっていないとキレイにロウは流れません。

d0100660_15451238.jpg同じく左上から時計まわりに・・
6.リングを木槌と芯金で真円に整えます。この時点でサイズを決めています。
7.リング部分にキュービックをロウ付けする位置を決めて角のヤスリで溝を彫ります。
8.いよいよロウ付けです。第三の手や耐火ブロックで動かないように固定しています。 
 ここでもリングとキュービックが隙間なく合っていないとロウは流れません。一番緊張する作業です。
9.キレイにロウが流れて溶接が終了です。耐水ペーパーで余分なロウを取り磨いていきます。
10.ここまでで作業時間の半分が終わった感じです。後はひたすら磨いて磨いて磨いて・・・・
  ありとあらゆるポイントやペーパーを使ってひたすら磨いていく作業が続くのでした。

ものすごく簡単に説明しましたがなんとなく彫金がどんなモノなのかわかって頂けましたでしょうか。
写真写りがイマイチなのでわかりにくいですが雰囲気だけでもつかんで頂けたらと思います^^
[PR]

by hperles | 2012-08-12 16:06 | 彫金・アクセサリー